地方自治のあり方について、現場の一地方議員の立場から検証します。地方自治法、判例に留まらず、現場の議会活動にも一歩踏み込みます。

地方自治法研究
191021分庁舎
なぜ市有ホテルがここまで問題視されるのか

2019年10月27日当開票の橿原市長選挙。 前回(2015年)選挙以降、現市長(61)が建築した市有ホテルの問題点が多方面から指摘を受けているが、なぜここまで炎上しているのか? 市が税金でホテルを建設することが、仮に民 […]

続きを読む
地方自治法研究
判例研究~住民投票に法的拘束力はあるか?

■那覇地裁 平成12年5月9日判決 <判旨> ヘリポート移設是非を問う住民投票の結果を無視した名護市長 違法性なし。 ■住民投票とは? 自治体の重大な課題を問う住民投票。 近頃では大阪都構想をめぐる平成27年 […]

続きを読む