ラクビーワールドカップ開催国の恥

191021ラグビー

本日(10/20)告示の橿原市長選挙は、4選を狙う現職市長(61)に対して、若き自民党推薦候補(47)が挑戦する構図。

両陣営の出発式直後、挑戦者に対して事実無根の誹謗中傷ビラがまたまた配布された。しかも匿名で。

ラグビーのフェアプレーを連日TV観戦する身として、怒りを超えて恥ずかしさを覚える。

古来、日本人は恥を禁忌してきた国民性であるはず。

「士道に悖(もと)るなかれ」

正々堂々の政策論議こそ、市民の真の利益に資するものと信じる。

【この記事の執筆者】

井ノ上剛(いのうえごう)
◆プロフィール
奈良県橿原市 1975年生まれ
奈良県立畝傍高校卒 / 同志社大学法学部卒
社会保険労務士、行政書士
奈良県橿原市議会議員/井ノ上剛(いのうえごう)公式サイト
タスクマン合同法務事務所 代表

(執筆の内容は投稿日時点の法制度に基づいています。ご留意ください。)