亀田橿原市長がダイエット宣言

予算委

令和3年3月11日。橿原市議会予算委員会の冒頭、総括質疑の中で、亀田市長がダイエットを宣言しました。

ダイエットはダイエットでも、体重の事ではなく、財政ダイエットの事です。

令和3年度、橿原市は過去最大(約13億円)の貯金を取り崩し、残り貯金は何と2億円

「このままでは令和4年度財政が立ち行かない」との理由で、施政方針演説において、ダイエット宣言(財政危機宣言)を発しました。

施政方針(台本)を分かりやすく表現し直してもらったおかげで、多くの市民に今の橿原市の財政の危機的状況が伝わったのでは?と思います。直前まで推敲を重ねたそうです。

令和3年度中に様々な事業、補助金を見直し、令和4年度予算編成に繋げる方針です。

(追伸)

ある情報筋によると、市長の体重、もう少しで大台とか・・・。こちらも危機的です。

【この記事の執筆者】

井ノ上剛(いのうえごう)
◆プロフィール
奈良県橿原市 1975年生まれ
奈良県立畝傍高校卒 / 同志社大学法学部卒
社会保険労務士、行政書士
奈良県橿原市議会議員/井ノ上剛(いのうえごう)公式サイト
タスクマン合同法務事務所 代表

(執筆の内容は投稿日時点の法制度に基づいています。ご留意ください。)