《歴史認識》日本の歴史を正しく 子供たちの世代へ

 

現代の私たちは、どのような歴史の末流に生きているのか。

時の政権の思惑に左右されない確固たる歴史認識が無い限り、観光政策を進めることも、教育問題を考えることもできません。

私は自らの良心にもとづく歴史認識のもとで、観光・教育問題に取り組みます。

 

《福祉・介護》助けを必要とする人のために

 

私が議員活動と並行で営む社会保険労務士・行政書士事務所では、障がい福祉事業所・介護事業所の設立支援を主たる業務としています。

これらの分野への支援を通じて、高齢者および障がいをお持ちの方々の実情に触れ、行政サービスの充実に努めます。

 

 

《党内野党》誠実に まっすぐに是々非々の意見を

 

党内野党の立場を自負し、党および会派の意向に対しても是々非々で意見をぶつけ、信念に基づく行動をとります。

誠実さを失ったときが自分の政治生命の終わりであると、常在戦場の覚悟で望みます。

 

 

《特設》憲法改正問題についての考え

項目 改正 理由
1.自衛隊 明記 国防に必要不可欠な存在であるため
2.個別的自衛権 明記 同上
3.集団的自衛権 否定 国益に無縁の紛争に巻き込まれる可能性が否定できないため
4.緊急事態条項 否定 一人に絶大な権限を与える危険性を排除できないため